×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マグネシウムの働きや効果、効率の良い摂取の仕方やサプリメントなどやビタミン不足になると・・・

>>マグネシウムの働きや効果・サプリメントについて

マグネシウムとは

・成人の体に大体20〜28g程存在するミネラルの一種でカルシウムやリンと共に骨を形成しています。主に筋肉や神経内でカルシウムの働きを助け、血圧の維持や骨の強化などの働きをします。マグネシウムが不足すると動脈硬化や心筋梗塞、偏頭痛などの症状が現われます。マグネシウムとカルシウムはカルシウム1に対しマグネシウムは約1/2〜1/3の量が必要とされていますが現代の日本人ではカルシウムの不足が多いといわれています。骨の中には実に50〜60%もマグネシウムが含まれており長期間マグネシウムの不足が続くと骨粗しょう症や心疾患など生活習慣病のリスクが高まるといわれています。ナッツ類や魚介類・海藻類・豆類・緑黄色野菜などに含まれるマグネシウムを上手に摂取したいものです。

・マグネシウムの摂取をおすすめしたい人

・精神的ストレスの多い人

・過労ぎみや睡眠不足の人

・骨粗しょう症・動脈硬化の予防をしたい人

・働き盛りの成人・飲酒・喫煙をする人

マグネシウムの一日の摂取目安量

成人男性370mg

   

成人女性280mg 

  

子供100〜350mg

   

妊婦320mg・授乳婦280mg

   

上限摂取量-mg

・マグネシウムが含まれる食物

 魚介類・海草類・大豆類・緑黄色野菜など100gあたり

 アーモンド・・・310mg 
 カシューナッツ・・・240mg 
 いりごま・・・360mg 
 乾物ひじき・・・620mg

 乾物わかめ・・・1100mg


マグネシウムを摂取するときに気をつけたいこと(欠乏症・過剰症など)

・マグネシウムは神経伝達物質を生成し、精神の安定に働きかけるためストレスを抱えやすい現代人には必須のミネラルだといえます。血圧を下げ血糖値を下げてくれる働きもあるのでマグネシウムを積極的に摂取することは生活習慣病の予防ともなります。足がつりやすい人などはマグネシウムの不足とも考えられます。糖をエネルギーに変えるためのミネラル分がマグネシウムですので不足すると疲れやすい体になると考えられています。カルシウムとマグネシウムのバランスが悪いと筋肉の収縮にも影響が出てきてしまうそうです。マグネシウムは働き盛りの年代に突入すると普段の食生活では不足しがちになるためサプリメントなどから上手に摂取した方がよいようです。マグネシウムのサプリメントを摂取するときはカルシウムよりもマグネシウムが上回らないように注意した方がよいです。理想的なバランスはカルシウムとマグネシウムが2:1といわれています。またマグネシウムなどのミネラル類は吸収率が非常に悪いため、摂取した半量異常が体外に排出されてしまうとされています。サプリメントを選ぶときはマルチミネラルなどバランスの取れたサプリメントを利用するか、キレート加工されたマグネシウムサプリメントを選ぶと良いと言われています。

 


 

その他のビタミン類

その他

その他

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。